ご葬儀の形式 Funeral form

平安典礼スタイル一般焼香+家族葬安心してお見送りいただけるよう
3蜜を避けた新しいご葬儀のスタイル。

「一般焼香+家族葬」とは?

安心してお見送りいただけるよう、3蜜を避けた新しいご葬儀のスタイルです。
一般会葬者のご焼香のお時間ご遺族のみで行うご葬儀の時間を分けて、ご案内しております。

  • 一般焼香〈 目安時間:開式 30 分~ 1 時間前 〉
    ※ご会葬の人数によって変わります。
  • 一般ご会葬の方は、ご記帳・受付の後、式場にて順次ご焼香いただきます。
  • ご焼香後は、ご遺族が入口にてお見送り(門送り)いたします。

「一般焼香+家族葬」のメリット

  1. ご縁のあった方々より、しっかりお見送りをしていただけます。
  2. ご参列の方々を長時間お引き止めすることがありません。
  3. ご自宅への弔問を減らすことで、お互いの感染防止につながります。

葬儀の形式

一般葬

「一般葬」とは、ご家族・ご親戚、ご近所の方はもちろん、故人様と生前にご縁のあったご友人や仕事関係、趣味の仲間や同級生など、一般の方に幅広くご案内をするご葬儀です。 そのため、一般葬は家族葬に比べて参列者の人数が多くなる傾向にあります。
お世話になった方々に、最後にきちんとお別れの機会をもうけることができます。

家族葬

「家族葬」とは、ご家族や近親者のみで執り行うご葬儀です。
近ごろでは、人数の少ない小規模なご葬儀をすべて「家族葬」と称してしまうため、家族・近親者の人数などの決まりはありません。
ご葬儀の流れや進行は一般葬と同じですが、大きな違いは、ご参列に来られる方の人数です。
ご家族やご親戚のみで葬儀を行なうことによって、葬儀後、知人が自宅に訪問してしまうということも少なくありませんので、ご家族でよくご相談のうえお選び下さい。
弔問の方の対応などで慌てることなく、故人様との最後のお別れの時間をゆっくりお過ごしいただけます。

合同葬・社葬・団体葬

「合同葬」とは、故人が勤めていた企業・団体・機関が功労のあった方を称え、ご遺族と共同で行う葬儀のことです。「社葬」「団体葬」は、会社や団体が運営主体となって執り行われる葬儀のことです。
合同葬は、密葬・本葬を分けずに行う場合もありますが、社葬は近親者での密葬、その後、本葬を社葬・団体葬として行い、数週間から1カ月以上の期間を必要とします。
また、費用については、税法上の取扱いについて注意が必要です。
平安典礼は長年の実績により、貴社・貴団体の一大事業をお手伝い・アドバイスをさせていただきます。

お別れの会・
偲ぶ会

「お別れの会」「偲ぶ会」は、式典を中心とした形式や、おもてなしの会食を中心とした形式など、自由な形式(無宗教形式)で行うことが増えてきております。菩提寺などがある場合は、近親者にてご葬儀を執り行い、その後参列者を招いた形式をとる場合などもあります。葬儀専用式場以外にホテル形式などで行われることもあります。
平安典礼では、当葬祭会館セレモニーホールの他、結婚式場パレスグランデールの大会場において、多数の実績を有しております。